連続約物

括弧や句読点など約物が連続した部分の空きを調整するテスト。

「デフォルト」はそのまま。「letter-spacing指定」は該当する役物に「class="halfTsume"」を指定して、leter-spacingで調整(ついでに赤文字にしてます)。

「約猫使用」は本文フォントに約猫明朝を指定。約猫は縦書きの場合cssに「font-feature-settings: 'calt' 1;」という指定が必要でした。

「Mojik使用」はMojikを読み込ませて指定。ただし元のcssは横組み用で、margin-left、margin-rightが指定されていたので、それぞれmargin-top、margin-bottomに修正。

デフォルト

邪気を追い払うために、節分には古くから豆撒きの行事が執り行われている。豆は、「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰、または語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願う。

毎年の犯した罪や穢れを除き去るための除災行事として定着。6月のものを「夏越の祓」、「ごしはらえ」または「夏祓」「夏越神事」「六月祓」などとも呼ばれ、12月のものを「年越の祓」と呼んでいる。

letter-spacing 指定

邪気を追い払うために、節分には古くから豆撒きの行事が執り行われている。豆は「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰、または語呂合わせで「魔目(豆・まめ」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願う。

毎年の犯した罪や穢れを除き去るための除災行事として定着。6月のものを「夏越の祓ごしはらえ」または「夏祓「夏越神事「六月祓」などとも呼ばれ、12月のものを「年越の祓」と呼んでいる。

約猫使用

邪気を追い払うために、節分には古くから豆撒きの行事が執り行われている。豆は、「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰、または語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願う。

毎年の犯した罪や穢れを除き去るための除災行事として定着。6月のものを「夏越の祓」、「ごしはらえ」または「夏祓」「夏越神事」「六月祓」などとも呼ばれ、12月のものを「年越の祓」と呼んでいる。

Mojik使用

邪気を追い払うために、節分には古くから豆撒きの行事が執り行われている。豆は、「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰、または語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願う。

毎年の犯した罪や穢れを除き去るための除災行事として定着。6月のものを「夏越の祓」、「ごしはらえ」または「夏祓」「夏越神事」「六月祓」などとも呼ばれ、12月のものを「年越の祓」と呼んでいる。